【ネタバレ感想】マーベル『ランナウェイズ』シーズン2第1~第6話の全話あらすじと感想!

こんにちは、yu-です!

 

さてマーベルの数あるドラマシリーズのうちの一つ、『ランナウェイズ』を鑑賞しました。

 

『エージェント・オブ・シールド』等とは異なりアメリカのテレビで公開されたわけではないため、少々知名度低めかな?という作品ですが、他のマーベル作品にはない謎解き要素、そして何より主人公がティーン・エイジャーであるが故の展開が魅力の面白い作品です!

 

そんな『ランナウェイズ』のシーズン2の各話のあらすじ&感想のうち、第1話~第6話についてお届けしたいと思います!

 

 

なお、本記事は私yu-自身の視聴に合わせて都度書き足していきます。

 

 

作品情報

 

公開年(配信期間) 2017年11月21日~2019年12月13日
上映時間 各話50分程度
原題 Runaways
シーズン/エピソード シーズン1:10エピソード
シーズン2:13エピソード
シーズン3:10エピソード
おすすめ度

 

全3シーズン、33話という海外ドラマとしては比較的見やすい話数のドラマのため、

”イッキ見”もしやすい作品ですね!

 

海外ドラマはシーズンが7つあったり、各シーズン20話を超えていたり…というものがざらにあるので、かなり手を出しやすい部類です。

 

『ランナウェイズ』はここで見れる

 

ランナウェイズを見れるサービス

  • Hulu       :シーズン1~3
  • ディズニープラス :シーズン1~2

 

『ランナウェイズ』はそもそもがHuluで配信されたドラマシリーズのため、当然Huluで全話視聴することが可能、

そして諸々の大人の事情によりディズニープラスにて、シーズン1,2を視聴可能、という状況です。

 

もしかすると今後ディズニープラスで全話配信される…、かもしれません。

 

【ネタバレ】シーズン2全話あらすじと感想

 

ではここから、『ランナウェイズ』シーズン2の全話あらすじ&感想をお届けします。

なお、初めに記載したとおり、本記事は私yu-の視聴に合わせて徐々に更新していく、というスタイルを取っています。

 

 

第1話:そして、始まり

家出人=”ランナウェイズ”となったアレックス・二コ・チェイス・ガート・カロリーナ・モリーの六人。
アレックスが手に入れたお金でなんとか逃げ延びる彼らだったが、一瞬の不注意によりお金とチェイスのフィスティゴンが盗まれてしまう。
一文無しとなってしまった6人。アレックスは再び仲間のため、父の昔の友人のもとへ赴く。
一方残された5人は、モリーの両親のビデオを持つ、親戚のグラシエラの身を案じ彼女のもとへたどり着くも、すでに彼らの親によって口封じをされた後だった。
打ちひしがれる一同。
その後6人はフィスティゴンを取り戻そうとする傍らで、山の中に眠る廃墟を見つけるのであった。

 

完全に家出人=”ランナウェイズ”となり行動を始めた6人。

単に家出人として生きていくのも大変なのに、早々に現金を無くし、なおかつ指名手配されているためおおっぴらにも動くこともできず。

めちゃめちゃシビアな状況に置かれています…。

 

一方の親たちは、ウィザード社のオフィスの奥にある”秘密基地”で子どもたちを捜索する。

もうここまで来ると、完全に悪の秘密結社でしかありません。

 

更には親たちは口封じのため、モリーの親戚であるグラシエラを消してしまいます。

 

これまでは、どこか心の奥では親を信じていた子どもたちも、この一件により、完全に親を敵対視するようになるのでした。

 

親たちがどんな目的があるにせよ、共通しているのは皆目的のためなら手段を選ばない、ということ。
そのことを思いっきり思い知らされる回でしたね…。
初回からヘビーです(゜o゜;

 

第2話:火種

見つけた廃墟で寝泊まりし始める6人。
ところがその夜、街をM5.3の地震が襲う。
その後彼らは方方に別れ、行動を始めた。
アレックスはお金を得るため、ダリウスのもとへ。
チェイスとガートは、廃墟に電気を通すために工事を進める。
そしてモリー・二コ・カロリーナの3人は、杖を取り戻すべく二コの家に侵入する。
なんとか杖を取り戻し、電気を通すことに成功した彼ら。
ところが、ダリウスはアレックスの父へ連絡を入れるのであった…。

 

「火種」という副題に結構振り回された回でしたね…!

 

まず冒頭では、皆に黙ってジョナと密会するカロリーナ。

彼女は力の正体、そして自分の正体を知るためジョナと合うことを決意したのでした。

 

次に、二コ。

自宅へ忍び込むはずが、両親共に在宅しており、ばったり顔を合わせてしまい、そして二コは母ティナと直接対決をすることに

 

最終的にティナは二コにこう伝えるのでした。

 

受け取って。何もしないから。
行っていいわ、3人とも。
でも、ここを出ていくならあなたの言葉は本当になる。
次に会う時は親子じゃない。

 

ううむ辛い…。

親を信じたい気持ち、親に裏切られた悔しさ、そして…。

そんな複雑な表情を二コは見せてくれます。ぐっと来ました。

 

一方ダリウスの家に入り浸るアレックス。

しまいには、ダリウスの娘に恋をし、紙を編み込んでもらっていい気になります。

 

アレックス…、君はなんのために…。

そして君の仲間は誰だったのかは、もうどうでもいいんでしょうか?

ティーン・エイジャーらしい描写ながらも、見ていて辛くなりました。

 

挙げ句、アレックスはダリウスに裏切られたことがラストシーンで判明。

「火種」とは、アレックスのことだった、というわけです。

 

うわああ、アレックス、早く”ランナウェイズ”のメンバーのもとへ戻ってきて…。
一方で親たちも各々に行動を続けており、全く目が離せません…!

 

 

第3話:裏の裏

Coming Soon

 

第4話:懐かしき日々

Coming Soon

 

第5話:家族

Coming Soon

 

第6話:始動

Coming Soon

 

第7話:最後の儀式

Coming Soon

 

第8話:父の秘密

Coming Soon

 

第9話:不協和音

Coming Soon

 

第10話:浸食

Coming Soon

 

第11話:ラストワルツ

Coming Soon

 

第12話:天使

Coming Soon

 

第13話:分裂

Coming Soon

 

おすすめの記事