【ネタバレ】『イカボードとトード氏』アトラクションの原作の物語をチェック!トード氏の物語のあらすじ結末と感想!

こんにちは、yu-です。

 

今回の記事では、ディズニー映画より『イカボードとトード氏』の前半部分”トード氏”のお話についてお伝えしたいと思います。

 

 

あれ?『イカボードとトード氏』で一つの映画じゃないの??

…と思われた方、ごもっともな疑問です。

 

まずはこちらの映画の作品の情報から語っていきましょう!

 

後半『イカボードと首なし騎士』についてはコチラの記事で解説しています↓

 

作品情報

公開年 1949年
上映時間 68分
原題 The Adventures of Ichabod and Mr. Toad
スタッフ 監督: ベン・シャープスティーン(指揮)
製作 :ウォルト・ディズニー、ロイ・O・ディズニー
おすすめ度

 

ディズニー最後のオムニバス作品

『イカボードとトード氏』は1949年にディズニーの長編アニメーション作品第11作品目として公開された映画です。

前半の『トード氏』パートと、後半の『イカボード』パート、それぞれ30分程度の中編のアニメ作品を2つ組み合わせたオムニバス形式となっています。

 

『ラテンアメリカの旅』以降ディズニー・スタジオはオムニバス形式の短編集を”長編映画”として公開し続けていたのですが、そんなオムニバス形式の作品の最後を飾るのが、この『イカボードとトード氏』です。

 

物語はナレーターによって進行する形式。

冒頭はこんなセリフが語られます。

 

英文学で一番‟すごい”キャラクターとして、私はシャーロック・ホームズでもオリバー・ツイストでもなくトード氏を推薦します

 

そして絵本が開かれ、トード氏の物語が始まる。

基本的にはナレーターがまるで私達に読み聞かせをするような雰囲気で物語が進行していきます。

 

 

一応2つの物語の間に”つなぎ”はありますが、信じられないくらいの雑さ。笑
ほぼ完全に2つの別々の物語が繋がっている作品、と見ていいでしょう。

 

一部マニアの間では有名な作品

さて『イカボードとトード氏』はディズニー作品の中ではマイナーな部類に属し、きっと街頭インタビューをしたら100人に1人知っていれば良い方、というレベルかと思います。

 

が、ディズニー映画ファンとなると話は別。

『イカボードとトード氏』はいくつかの理由でファンの中では少々有名な作品なのです。

 

理由

<トード氏>

  • カルフォルニア州アナハイムに”トード氏”パートをテーマにしたアトラクション『トード氏のワイルドライド』がある

<イカボード>

  • ディズニーでは珍しいホラーアニメ
  • ディズニーでは珍しいバッドエンド

 

これらの詳しいことについてはそれぞれの記事の中で紹介します。

 

日本では視聴困難な作品だった

『イカボードとトード氏』はディズニーのかなり初期の作品ですが、日本ではVHS、ディズニー正規DVD、パブリックドメイン型のDVDなどの映像媒体が一切販売されていません。

 

厳密に言うと”イカボード”パートのみ切り出されて、DVD『とっておきの物語 ミッキーの王子と少年』の中に収録されていますが、”トード氏”と”イカボード”が2つ合わさったいわば完全版を見るためには、有料のディズニー・チャンネルで放送されるときを待つか、渡米するか、個人輸入するかの3択しかありませんでした。

 

ところが、2019年そんな状況に激震が。

 

日本でサービスがスタートした”ディズニー・デラックス”というサービスにて配信されることとなったのです。

 

その後サービスは”ディズニープラス”へと姿を変えたものの、配信は継続。

現在はディズニープラスで、いつでも好きなときにボタン一つで視聴することが可能となりました。

 

とんでもなく便利な時代になったものですね……!

 

※なお2021年4月現在、本作は音声は英語・日本語両方用意されていますが、字幕は英語のみです。

 

 

【ネタバレ】トード氏

 

さてここからは、そんな映画『イカボードとトード氏』の前半部分、”トード氏”パートについてネタバレ込みで語っていきます。

 

あらすじ

親から譲り受けた大邸宅に住む資産家のヒキガエルMr.トードには困った性格があった。

そう、彼は超がつくほどの新しい物好き。

新しいものを見つけては手に入れるために散財することを繰り返し、常に借金を抱え邸宅の会計担当であり友人のマクバジャーを悩ませている。

 

そんなある日彼は自動車をひと目見て釘付けに。

このままじゃトードのためにもならないし、何よりそんなお金はどこにもない。

トードのためを思い、マクバジャーと友人のラットとモールは狂ったように自動車を求めるトードを自室に閉じ込めるのだが…。

 

原作について

原作は、イギリスの有名な児童文学である『たのしい川べ』という作品です。

 

たのしい川べ (岩波少年文庫 099) [ ケネス・グレーアム ]

価格:836円
(2021/4/27 22:18時点)
感想(2件)

日本国内で見るのが困難だった頃は、とりあえずこの小説を紹介しておくことしかできなかったのですが、今はなんともまあ便利な時代に…(以下略)

 

感想

ここからは個人的な感想を物語の内容に沿って語っていきます。

 

①トード氏の紹介と自動車との出会い

 

あらすじで紹介したように、トード氏は超がつくほどの新しい物好き。

大邸宅に住む資産家の息子で、興味の移り変わりが尋常じゃないレベルで激しい浪費家…という、ディズニー映画の主人公としてはありえないレベルの”ダメな奴”です。

 

ただ、そんなダメな奴ではあるんですが、トード自身に全く悪気が無いところが憎めない。笑

友人のラットとモールが、散々な目に合いつつも彼との付き合いをやめない理由もわかりますね。

 

そんな彼が自動車と出会ってしまいます。

この自動車と出会ったときの、もはや狂っているとしか言いようがないレベルのトードの描写が面白すぎます。

 

もはやその目に映るのは自動車のみ!…といった状態で、車を運転するマネをしているトードの目が完全にイッちゃってます。笑

 

ああこりゃ重症だぞ…と見ていて思わずにはいられません。

 

このあたりのシーンは見てて思わずフフっと笑ってしまうような描写が続きます。
トード氏やべえやつだ…

 

②裁判と監獄

 

さてそんなトード氏、ラットとモールに自室に閉じ込められたにもかかわらず窓から逃げ出し、次のシーンではなんと彼が自動車盗難の罪で逮捕。

そこからこの中盤では、法廷でのシーンが続きます。

 

 

ここで驚きなのが、トード氏の住む世界に人間がいること。

どうやらこの世界では人間と動物が普通に共存しているようです。

この”普通に”というところがミソで、もはや人間とトード氏が話していても全く違和感ないんですよね。これはスゴイ。

 

さて裁判の結果監獄にブチ込まれる事になったトード。

前半のコミカルなシーンから一転、クリスマスの夜に一人さびしく監獄に閉じ込められ涙を流すトードの姿が描かれます。

 

ここまでの展開の早いこと!

この目まぐるしく動く展開も飽きさせない秘訣ですね。

 

 

このシーンで、ああマクバジャーの忠告を聞けばよかった、自由気ままに生きるんじゃなかった、これからは心を入れ替える!!…と決意するトード。

さすがのトードも心を入れ替えたのか…、と思わせられた一瞬の後、面会に来た馬のシリルに唆され、一転彼はシリル提案の新しいこと…、”脱獄”に夢中になるのでした。

 

 

お前ちょっと前に考えたことを胸に手を当てて考えろや!!

…と全力で突っ込みたくなる展開です。いや突っ込まずにはいられませんでしたね。

こういうところがトードらしさ、トードの魅力。

うーむ、癖になりそうです。笑

 

③イタチ軍団との戦い

 

命からがら逃げてきたトードは、マットの家にたどり着く。

そこである意外な真実、トードは車を盗んだのではなくイタチ軍団と自宅を交換していたのだということ、すなわちトードに罪はないことが明らかになります。

 

これを証明するためには、イタチ軍団が持つ契約書が必要。

そこで一行はイタチ軍団がいるトードのかつての邸宅へと向かうのでした。

 

 

邸宅に忍び込むときのハラハラからの、最後のドタバタコメディとのギャップが楽しいシーン!

こういったドタバタコメディは初期ディズニーお手の物の描写。

個人的にはこのシーンで一番ディズニーらしさを感じましたね。

 

そしてラスト、無事契約書を取り戻してトードは無罪放免、イタチ軍団も立ち退いて邸宅も取り戻してハッピーエンド!

…となるのも束の間、トードは結局全く反省しておらず。

新たな新しいものを求めて駆け回る、というところで物語は完結します。

 

なるほど、これはナレーターが「英国一すごい」というのも納得。

こんなに新しいものに対して狂えて、監獄にぶちこまれまでしたのにも反省しない人物など、このトードを差し置いて他にいないでしょうからね。笑

 

なんだかんだ見ているこちらも最後にはトードのことが好きになってしまいます。
30分間の起承転結もキレイな物語で、飽きずに楽しめます😊

 

アナハイムのアトラクション

さてそんなトード氏の物語ですが、前述の通りカルフォルニア州アナハイムにある「ディズニーランド・パーク」には、トード氏をテーマにしたアトラクション『トード氏のワイルドライド』があります。

 

 

日本で言う「ピノキオの冒険旅行」や「白雪姫と七人のこびと」のようなダークライドで、トード氏の夢中になった車に乗って彼の物語の中を進んでいくアトラクション。

 

このアトラクションの存在も手伝って、米国では日本と異なり、『トード氏』はかなり有名なキャラクターです。

 

実は個人的にはアナハイムのディズニーランド・パークに初めて訪れた日の、初めて体験したアトラクションという想い出深いアトラクション。

それ故に記憶が美化されている気もしますが、映画を知っている身としてはかなり楽しめました😊笑

 

情勢が変わったらぜひまたトード氏に会いに行きたいですね…!

 

【まとめ】

 

さて今回の記事では、ディズニー映画『イカボードとトード氏』より、前半の”イカボード”パートについて詳しく紹介しました。

 

個人的には『イカボードとトード氏』はディズニーのオムニバス作品の中では以上に述べたように例外的に純粋に面白い映画だと思います。

 

その面白さには、やはり主人公の個性が大きい。

たった30分なのに、もうこちらはトード氏に夢中。

騒ぎを起こすはた迷惑な奴なのに、どうしても憎めないんですよねえ。笑

 

一度は見て損のない作品です。

 

ディズニー映画ファンはもとより、そうでない方も一度は見てみては??

 

Twitterアカウントの紹介

Twitterでは主に映画についてタイムリーにつぶやいています。

この記事が気に入ったらフォローしよう!

おすすめの記事