【ネタバレ】『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』最終回第6話最速考察!判明したことと今後に残された謎をまとめました

こんにちは、yu-です!

さて本日2021年4月23日、全6話続いたMARVELのドラマシリーズ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』が最終話を迎え、ついに完結しました。

 

"6時間の映画"として堂々完結した最終回。

一瞬たりとも目を背けられない、最高のラストを迎えました。

 

そんな第6話のあらすじ&結末と感想についてはコチラの記事でまとめています↓

 

今回の記事では、そんな第6話で判明した事実と、残された謎、そして今後注目すべき点をまとめてお伝えしたいと思います。

 

『ファルコンウィンター・ソルジャー』を見終わった後の復習に!

作品情報

公開年 2021年3月19日~4月23日
上映時間 各話50分程度のドラマ形式
原題 The Falcon and the Winter Soldier
スタッフ 監督:カリ・スコグランド
脚本:マルコム・スペルマン
おすすめ度

MCU作品を見続けている方は必見です。
(この基準だと今度のMCU作品すべて☆5になってしまう……😅)

MCU最新作のDisney+作品

今作『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は『ワンダヴィジョン』に次ぐDisney+作品の第二作品目です。

 

今後MCU作品を楽しむためにはDisney+への加入は必須です!

”指パッチン”の後の世界

今作『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は、作中で語られたことにはあのサノスの”指パッチン”から5ヶ月後が舞台。

となると、『エンドゲーム』以降の3つの作品の時系列はこのようになります。

 

 

時系列を念頭に置いて、作品を楽しんでいきましょう!

【ネタバレ】第6話で判明した事実は?

まずは、第5話で残されていた謎のうち、第6話で判明した事実についてまとめました。

 

実はこちら↑の記事で考察していた内容の2/3が的中!
そういった意味でも興奮しましたね!笑

①フラッグスマッシャーズの目的

 

フラッグ・スマッシャーズの掲げる至上目的は、

「国境なき世界を作ること」。

 

 

この点は以前からずっと掲げており、見ているこちらにも全力で伝わっていましたが、最終回でどんな行動を起こすか?については謎に包まれていました。

 

そんな彼らの具体的な計画は、GRCの幹部を拉致し人質にすることで交渉の材料にすることでした。

挙げ句彼らの思惑は達成されず、カーリーはシャロンに撃たれ、他のメンバーは逮捕、後述するジモによって爆破されました。

 

個人的には、サムたちと同様フラッグスマッシャーズに肩入れしている派だったので、この幕切れにはショック。
それ故に、直後のサムの言葉によってGRCが方針を変えた、と聞いたときには涙が溢れてしまいました。

②パワー・ブローカーの正体

第3話に登場し、謎の人物のまま存在感を放ち続けた”パワー・ブローカー”。

その正体は、シャロン・カーターでした。

 

マドリプールに来たときは昔の私にそっくり。
だから引き入れて機械を与えたのに。
裏切った。

 

個人的には非常にウェルカムの熱い展開です!笑

 

比べるわけでは無いのですが、StarWarsには例えば最新の『マンダロリアン』のように結構アウトローなダークヒーローで魅力的な人物が多くいます。

その点MCUはそういう人物がいないな~と感じていたため、このシャロン・カーターの状況は、非常に、熱い。←

 

ついにパワー・ブローカーとしての本性を現したシャロンのその口ぶりや表情の変化に、良い意味でぞっとさせられました…!

③サムの”箱”の中身

さて、第5話のラストでサムがその蓋を開けた”箱”。

これはバッキーの頼みにより、ワカンダの人々がサムのために作成した代物ですが、その正体は新しいスーツでした。

 

 

そのスーツは、

  • ファルコンの翼
  • レッド・ウィング
  • 星条旗

これらの機能が備わったもの。

 

ファルコンで、キャプテン・アメリカである、サムの特徴を全力で引き出した、文句無しで最高のスーツでした。

 

その飛ぶ姿も、盾と星条旗を背負う姿も、心の底から見ているものを興奮させてくれました…
これぞ、ファルコン。これぞ、キャプテン・アメリカ。
バッキーにはすべてわかっていたのですね…。

【考察】残された謎とこの先の展開は?

さて、物語は一区切り、『ファルコンウィンター・ソルジャー』としては完結を迎えましたが、

MCUの世界はまだまだ続きます。

 

そんな”この先”の物語を予感させるいくつかの要素が謎として残されたため、これらについてまとめ、この先の展開についての個人的な考察をお届けします。

 

作品は完結しても、物語は続く…。
これぞ、MCUの良さですね。

①ジモ

前回第5話で、ドーラ・ミラージュに連れられ、最重警備刑務所・ラフトに収監されたジモ。

ところが、彼は刑務所からうまく立ち回り、彼の秘書に逮捕されたフラッグスマッシャーズの残党かつ超人兵士のメンバーを、護送車ごと爆破するのでした。

 

 

なぜジモが?というのは、当該爆破事件の直後のシーン、車の中で爆破を見ていた人物がキーです。

 

この人物、覚えていますか?

そう、ジモの秘書です。

 

ジモが、なんらかの方法で秘書に連絡を取り、超人兵士を抹消したのでした。

そう、彼は刑務所にいながらもうまく立ち回り、彼自身の目的、信条を達成したのです。

 

なんという男でしょうか、バロン・ジモ。

 

この立ち回りを見る限り、ジモがこのままラフトで終身刑をただただ服役するだけで終わるとは思えません。

何らかの方法で、なんらかのきっかけでタフトを後にし、我々の前に姿を見せてくれるのでは無いでしょうか。

 

 

個人的には、パワー・ブローカーの麓であるマドリプールに身を潜めて暗躍するのでは?
…と根拠なく考えています。
何れにせよ、あの紫覆面のジモの姿が今回で終了、とは考えにくいですね…!

②ヴァルとUS.エージェント

第5話で謎の人物…ヴァルに声をかけられ、フラッグスマッシャーズとの対決の場にも姿を現したジョン・ウォーカー。

彼は今作の最後の最後でヒーローとしての姿を見せてくれました。

 

が、彼の今後については非常に不透明。

 

 

なぜなら、ヴァルという非常に怪しい人物がすぐそばにちらついているからです。

 

ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンティーヌよ。
正式には”伯爵夫人”もつくんだけど。
覚えにくいでしょうから”ヴァル”と呼んで。

 

さてこの人物が、コミック版では”マダム・ヒドラ”として暗躍した人物であることはこちらの記事で触れました。

 

が、結局のところ彼女の真の思惑は不明なまま。

 

そして戦いを終えたジョンに、ヴァルは新しい、黒ベースのスーツを用意し、ジョンのことを”US.エージェント”と呼ぶのでした。

 

”USエージェント”という名前は原作コミックスでも登場する名前です!
コミックス版ではスティーブと共闘する展開もあったりするのですが、MCUの世界線ではどのように活躍してくれるのでしょうか??
なんにせよ、今後登場してくることは間違いありませんね!!

③シャロン・カーターの思惑

物語のラストシーン、サムの心意気により、シャロンは恩赦され元いたポストー、CIAに舞い戻ります。

その知らせを涙ぐみながら受けた、シャロン。

 

次のシーンでは携帯電話を取り出してこんなセリフを吐くのでした。

 

バイヤーを集めて。
超人血清は消えたけど、政府の秘密や開発兵器の情報が手に入る。
顧客層が広がるわよ。

なんてゾクゾクするセリフ……!!笑
今後の彼女の活躍(暗躍)が楽しみでなりません。

【まとめ】ドラマは完結しても、物語は続く

さて、今回の記事では『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』の最終回第6話「世界は一つ、人は一つ」を受けて、判明した事実と残された謎についてまとめました。

 

ドラマシリーズとしては完結しても、MCUの物語は続きます。

 

そんな今後を想起させる、非常に気になる要素が放出された『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』。

 

これからは平穏で安泰な日々が続く…、とは考えにくく、きっと彼らには今後も様々な試練が、そして物語が待ち構えているのだろうなと思います。

 

その時に、”ただの2人”である彼らの活躍、『キャプテン・アメリカ&ウィンター・ソルジャー』の活躍を再び見ることが楽しみでなりません…!!

 

 

今後のMCUの物語も、きっと今と同じような、そしてこれまで以上の興奮が待っているはず。
そう期待させてくれるMCUが大好きです!
今後も全力で楽しんでいきましょう~!!

 

 

Twitterアカウントの紹介

Twitterでは主に映画についてタイムリーにつぶやいています。

この記事が気に入ったらフォローしよう!

おすすめの記事