【ネタバレ感想】「ワンダヴィジョン」第4話の感想&考察レビュー!謎が明らかになる急展開!

こんにちは、yu-です!

 

皆様、ワンダヴィジョン第4話見ましたか??

やばいですね、興奮が止まらないですね!!!

 

 

…というわけで、今回の記事ではアベンジャーズシリーズのMCU最新作

 

「ワンダヴィジョン」

 

第4話についてのネタバレあり感想&考察をお届けしたいと思います!

 

なお、第1話+第2話、第3話の感想&考察は以前の記事でお届けしています↓

 

作品情報

 

公開年月日 2021年1月15日
上映時間 各話30分程度のドラマ形式
原題 WandaVision
スタッフ 脚本 ジャック・スカエファー
監督 マット・シャクマン
おすすめ度

 

本日1/22時点で第4話「番組を中断します」まで配信されています!

 

MCUの新たなフェイズの幕開けとなる第一作品目!

 

「ワンダヴィジョン」は、マーベル・スタジオが製作するインターネットテレビドラマシリーズです

 

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)はこれまで映画をメインに展開され、テレビ放送やネット配信といった他の媒体で公開されたドラマシリーズは映画本編に影響を与えることがない外伝扱いでした。

 

「エージェント・オブ・シールド」や「エージェント・カーター」などが良い例ですね。

 

 

この2作品はアメリカのTVドラマシリーズとして公開しましたが、映画本編には影響なく、言ってしまえば「見ていなくても問題ない」作品でした。

 

ところが、今後Disney+で公開される作品群は映画と同じくシリーズの将来に影響を及ぼす本編として位置づけられると発表されました。

 

「ワンダヴィジョン」はその栄えある第一作品目、というわけです。

 

つまり、今後MCU作品を楽しむためにはDisney+への加入が必須!ということになります。

MCU初の”シットコム”形式の採用

 

「ワンダヴィジョン」では、MCUとしては初のシットコム形式が採用されました。

 

ところでシットコム形式って何でしょう?

 

シチュエーションコメディ(situation comedy)の略で、状況設定が笑いの要素の中核となっているタイプの喜劇作品を指す語。登場人物の顔ぶれはおおむね固定されており、その登場人物が毎度さまざまな状況・展開で立ち回るという話が多い。

 

要は、「笑い声が入っているテレビ番組」といえばあーなるほど!となる方も多いのではないでしょうか?

 

これまでのMCU作品とは打って変わって、「笑い」の入るようなコミカルな演技があることが特徴。

 

実際に「ワンダヴィジョン」の第一話では、観客を入れた状態で撮影したとのこと!

 

物語だけでなく、シットコム形式であるがゆえに今までのMCU作品とは一線を画するその雰囲気にも注目です!

「ワンダヴィジョン」はここで見れる!

前述の通りワンダヴィジョンはディズニープラス限定配信のオリジナル作品です。
ディズニープラスは初回31日間無料なので、ぜひこの機会に入会してみてはいかがでしょうか?

 

 

【ネタバレ感想】「番組を中断します」次々と明らかになっていく謎の数々!!

 

ではここからは、ワンダヴィジョン第4話のネタバレ感想をお伝えしていきます。

 

オープニング:初めて描かれる「指パッチン」直後の世界

 

第四話はこれまでの1~3話とは違い、「前回までの物語」を紹介した後にお馴染みのマーベルのオープニングがすぐには始まりませんでした。

 

代わりに現れたのは、病室。

 

そこにいたのは、サノスの指パッチンから復活したモニカ・ランボーでした。

 

 

そう、ついにここで初めて、「エンドゲーム”直後”の世界」の描写が入ったのです。

 

「スパイダーマン・ファーフロムホーム」もエンドゲーム以後の世界ではありますが、サノスとの最終決戦から8ヶ月後、という設定でした。

 

一方の本話ではまさしく直後。

 

時間的なタイミングとしては、エンドゲームでアベンジャーズ本部にサノス軍団が降り立ち、最終決戦をしている最中…ということになるかと思います。

 

更にこのシーンでは、モニカの母親でキャプテン・マーベルことキャロル・ダンバースの友人であったマリア・ランボーが指パッチンの二年後に病死していたことが発覚。指パッチンの衝撃もそうですが、オープニングからMCUを全力で押し出され、鳥肌が止まりません…!

 

 

ソード「S.W.O.R.D.」、ついに登場

 

今までの話で何度も謎の存在として登場し続けた組織、「S.W.O.R.D.」。

その本体がついに登場しました。

 

そしてS.W.O.R.D.の登場とともに、モニカの母マリア・ランボーがS.W.O.R.D.の創生者であることも判明

 

その活動内容について詳細は不明なものの、どうやら地上部隊と宇宙部隊に分かれている様子。

 

指パッチンから帰還して3週間でS.W.O.R.D.に復帰したモニカは、しばらくは宇宙に出ることを禁止され、地上部隊として任務に当たることに。

 

正直ここまでで衝撃of衝撃だったのですが、本当の衝撃はここからでした…

 

消えた街、「ウエストビュー」

 

モニカが任務で訪れたのは、ニュージャージー州にある街、「ウエストビュー」

 

ウエストビュー、聞き覚えのある街、そして見覚えのある看板ですね。もう不穏な気配がします。

 

 

そこでモニカを待ち構えていたのは、なんとアントマン&ワスプでお馴染みの、ウー捜査官でした!!

 

 

さて、人が失踪していると聞いてやってきたモニカでしたが、事態はそんなものではなく、「ウエストビューの街の存在ごと消失」していたのでした。

 

調査のためモニカが街に向けてドローンを飛ばすも、ドローンはなぜかなにもない空中で消失。

 

不審に思ったモニカが、ドローンが消失した地点に手を伸ばした所、そこにあったのは謎の壁。

 

そしてモニカは壁を通り、街の中に吸い込まれてしまうのでした…

 

この壁こそ、第3話のラストでモニカ=ジュラルディンがとびだしてきた壁だああ…!
と気が付き、心拍数が上がりました。笑

 

 

お久しぶり!ダーシーの登場

 

モニカが街に消えてから24時間後。

 

街の周囲は街の謎を解くため、消えたモニカを探すため、S.W.O.R.D.、FBI、陸軍、海軍が集まる野営地と化していました。

 

そこへ集められた科学者の一人に、マイティ・ソーシリーズでおなじみのダーシーの姿が!!

 

 

ダーシーは持ち前の能力を駆使して街の捜査に当たります。

 

ダーシーはMCUシリーズへの久々の登場でしたが、完全に相変わらずといったご様子。
ウー捜査官といいダーシーといい、知っている顔が出てきて興奮する上、なにやら安心しますね…。

 

ついに描かれたシットコムの”外側”

 

ダーシーが街の捜査を続けると、街の周囲に放送周波数が絡んでいることが発覚。

 

そしてその周波数を元に古いテレビに映し出されたのは…

 

なんとワンダビジョンでした。

 

 

ダーシーが映し出したテレビの中で、ワンダヴィジョンの今までのシットコムの映像が写っているのです。

 

そう、今まで私達が見ていたのはどういうわけか街の周囲に飛ばされている放送周波数をもとに構成されている、謎のシットコムだったのです。

 

そしてこのシーンで第一話のラストでモニタリングしていた人がダーシーであったことも判明しました。

 

第一話についてはこちらから↓

 

ここから、怒涛の勢いで数々の謎が明らかになっていきます。
瞬きする間さえありませぬ…!

 

 

次々と明かされる謎

 

この先、どんどんと謎が明かされていきます。

町の人達

 

ワンダとヴィジョンの近隣住民たちは皆、ちゃんとした身元がある人達で、あくまで近隣住民を演じているだけであることが発覚しました。

 

ウー捜査官のもと、次々と身元が明かされるシーンにて発覚。
あのシットコムの世界が現実では無いことが突きつけられます。

 

 

第二話:赤いヘリコプターと養蜂男

 

第二話に登場した赤いヘリコプターと養蜂男。

 

第二話についてはこちらから↓

 

これはいずれも S.W.O.R.D. の手によるもので、それぞれ

 

  • 赤いヘリコプター ← S.W.O.R.D. のドローン
  • 養蜂男      ←モニカを探しに来た S.W.O.R.D. のエージェント

 

であることが発覚。

 

同時に、壁を抜けると何故かレトロな姿に変化してしまうことも発覚しました。

 

第二話:ラジオから呼びかける声

 

こちらも第二話。

 

ラジオからワンダに向けて声をかける謎の男の声の存在がありましたが、これがウー捜査官のものであることが判明。

 

 

謎の世界にいるワンダに向けて、なんとかコンタクトを取ろうと試みた末の出来事でした。

 

ウー捜査官、勝手にホラーかと思って受け取ってしまってすみません。

 

 

第3話:ジュラルディンがはじき出された出来事の詳細

 

第3話のラスト、ジュラルディンが街からはじき出されますが、それがワンダによるものだったことが判明。

 

ウルトロンのことについて発言したジュラルディンに対し、ワンダは真顔になってこう言い放ちます。

 

「ご近所さんじゃない、友達でもない、あなたはよそ者よ。

外から来た。ここに不法に入ってきた。

よそ者には出ていってもらう。」

 

そしてワンダはジュラルディンを攻撃。

 

そのワンダのパワーによって、ジュラルディンは町の外にはじき出されていた…というわけでした。

 

ちなみにこのシーンでも、第3話同様画面のアスペクト比が変化する技法が用いられていました。
ああ鳥肌が止まらないっっ!

 

 

ラストシーンはかなりホラーでした

 

ジュラルディンをはじき出した後、ヴィジョンが家の中に戻ってきます。

 

…が、その顔は白黒で、目は白目。

 

そう。インフィニティ・ウォーでサノスによってやられた後のヴィジョンの顔になっていました。

 

このヴィジョンの顔が結構というかかなり怖くて思わず声でちゃったよ!!!

 

ところが次の瞬間には元のカラーのヴィジョンに戻り、二人は言葉を交わすのですが、これもまた不穏。

 

ヴィジョン「この街が嫌なら、君の行きたいところへ。」
ワンダ「それは無理。ここが私達の家よ。」
ヴィジョン「いいのか?」
ワンダ「心配しないで。全部コントロールできてる。」

 

その後シーンははじき出されたジュラルディン…、モニカへ。

 

そしてモニカはこう述べます。

 

「ワンダよ。なにもかもワンダよ。」

 

ヴィジョンの顔には不意打ちを食らわされましたが、ラストの5分間に超重要なセリフが次々登場しました…!

 

 

残された多数の謎

 

さて、たくさんの謎が明らかになりましたが、依然として残る謎と、そして新たに大きな謎が投入されました。

 

こちらの謎についてのまとめ&考察は別記事でまとめています。↓

 

【まとめ】謎が明かされ、謎が残った

 

さて、今回は「ワンダヴィジョン」第四話のネタバレ感想をお届けしました。

 

物語は急展開。

 

次々と謎が明かされ、そして大きな謎が残されることになりましたが、何よりついにようやくMCUフェイズ4が始動した実感があります…!

 

こうして物語はつながっていき、この後も繋がり続けていく…。

 

なんて面白い…!!!

 

MCUを今まで見てきた人にとってはまるでご褒美。
色んなものがつながっていく様を見ることができました…。

 

 

繋がり、広がるMCUの世界。楽しんでいきましょう!!

おすすめの記事