【ネタバレ感想】「ワンダヴィジョン」の1話+2話感想&考察レビュー!新たな幕開けに相応しい作品

こんにちは、yu-です!

 

今回の記事では、アベンジャーズシリーズのMCU最新作

 

「ワンダヴィジョン」

 

についてのネタバレあり感想&考察をお届けしたいと思います。

 

 

MCUの新たな幕開けにふさわしく、たくさんの謎と要素が詰め込まれていました…!

 

作品情報

公開年月日 2021年1月15日
上映時間 各話30分程度のドラマ形式
原題 WandaVision
スタッフ 脚本 ジャック・スカエファー
監督 マット・シャクマン
おすすめ度

 

MCUの新たなフェイズの幕開けとなる第一作品目!

 

「ワンダヴィジョン」は、マーベル・スタジオが製作するインターネットテレビドラマシリーズです

 

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)はこれまで映画をメインに展開され、テレビ放送やネット配信といった他の媒体で公開されたドラマシリーズは映画本編に影響を与えることがない外伝扱いでした。

 

「エージェント・オブ・シールド」や「エージェント・カーター」などが良い例ですね。

 

 

この2作品はアメリカのTVドラマシリーズとして公開しましたが、映画本編には影響なく、言ってしまえば「見ていなくても問題ない」作品でした。

 

 

ところが、今後Disney+で公開される作品群は映画と同じくシリーズの将来に影響を及ぼす本編として位置づけられると発表されました。

 

「ワンダヴィジョン」はその栄えある第一作品目、というわけです。

 

つまり、今後MCU作品を楽しむためにはDisney+への加入が必須!ということになります。

 

 

MCU初の”シットコム”形式の採用

 

「ワンダヴィジョン」では、MCUとしては初のシットコム形式が採用されました。

 

ところでシットコム形式って何でしょう?

 

シチュエーションコメディ(situation comedy)の略で、状況設定が笑いの要素の中核となっているタイプの喜劇作品を指す語。登場人物の顔ぶれはおおむね固定されており、その登場人物が毎度さまざまな状況・展開で立ち回るという話が多い。

 

要は、「笑い声が入っているテレビ番組」といえばあーなるほど!となる方も多いのではないでしょうか?

 

これまでのMCU作品とは打って変わって、「笑い」の入るようなコミカルな演技があることが特徴。

 

実際に「ワンダヴィジョン」の第一話では、観客を入れた状態で撮影したとのこと!

 

物語だけでなく、シットコム形式であるがゆえに今までのMCU作品とは一線を画するその雰囲気にも注目です!

 

 

【ネタバレ感想】ワンダヴィジョン第1話+2話あらすじと感想

 

第1話:白黒で描かれる”平和”な生活

 

あらすじ
とある郊外の街に引っ越してきたのは、スカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョンの夫婦。60年代のアメリカを想起させるポップでお洒落な洋服に身を包んだ2人は、夢にまでみた結婚生活を手に入れ、幸せな日々を送っていた。

 

新オープニング

 

オープニングが新しくなってました!!

 

MCUおなじみの、「marvel」ロゴのオープニング。

 

この映像が新しくなっており、エンドゲームのあの各シーンが散りばめられており、めちゃめちゃ胸熱です!

 

「♡マーク」をめぐるコミカルな物語

 

そこから始まる白黒映像で描かれるワンダとヴィジョンの生活。

 

シットコム形式であることもあり、ワンダが私たちの知ってる普段のワンダと違うな?と思うくらいハイテンション。

 

もうこの時点でちょっと不穏な感じします。笑

 

お互いにカレンダーの♡マークについて違う認識なのに電話で噛み合ってしまうシーンは、芸人さんの勘違いネタを彷彿とさせるシーンで思わず笑ってしまいました。

 

第一話に潜む謎

第一話にも関わらず、すでにかなり不穏な雰囲気が漂っていました…。

 

①スタークインダストリーのトースター

作中突然テレビCMのような形で、「スタークインダストリーのトースター」が紹介されました。

 

また、トースターのランプが白黒ではなく、”赤色”に点滅していました。

 

なんでことないCMのような雰囲気でしたが、わざわざ出すからにはこれは何かの伏線なのでしょう。

 

…現時点では全く分かりませんが…。

 

②喉に食べ物を詰まらせる

上司のハートさんとの食事シーンで、彼が喉に食べ物を詰まらせてしまいます。

 

それに対して、やめてちょうだい!と冗談まじりにいう上司の奥様。

 

一見なんてことないシーンの続きかと思いきや、その状態が異常なほど長く継続するのです。

 

ワンダがヴィジョンに発した一言により、事なきを得ましたが、これは一瞬幸せな生活の影が見えた瞬間なのでしょうか‥。

 

③衝撃のラストと「S.W.O.R.D」マークの登場

めでたしめでたし…と幕を下ろしたかと思いきや、そこに現れたのはテレビの映像。

 

白黒の世界ではなく、カラーの世界のテレビの中に、幸せそうなワンダとヴィジョンの笑顔がありました。

 

 

そしてテレビに向かって座っている謎の人物…。

 

さらにその人物の横には「S.W.O.R.D」のマークがありました。

 

 

「S.W.O.R.D」については、事前にリークされた画像でファンには明らかになっていたことですが、第一話から早速登場してきました。

 

「S.W.O.R.D.」ってなに?

「S.W.O.R.D.」(ソードと読みます)とは、「Sentiest World Observation and Response Department」の略です。

コミックスでは軌道上の宇宙ステーション「ザ・ピーク」に拠点を置き、地球外生命体の活動や宇宙からの脅威を観察する国際的な諜報機関として描かれている組織。

「ワンダヴィジョン」の撮影現場であるロケ地のリーク写真の背景にそのマークがあり、当時からファンをざわつかせていました。

 

さあてどういう意味なのでしょうか…。

 

そしてどういう状況なのーー……!!!

 

 

 

第一話の時点ではそこまで謎(闇)も深くなく、平和なシーンがほとんどでしたが、単に面白いね!で済ませられる様子では無いことが伺えました。

 

何より、ワンダとヴィジョンが一緒にいる姿を再び目にできることが幸せです。

 

第2話:徐々に見え隠れする幸せな生活の裏にある”謎”

 

あらすじ
町内のイベントの催し物を考えるワンダとヴィジョン。ワンダは主催者のもとへ、ヴィジョンは図書館で近所の見回りの方針について話に行く。ところがワンダの身の回りで奇妙なことが起こり始める…。

 

第一話に引き続きコミカルなワンダとヴィジョン。

 

このやりとりいちいち本当に面白いです。笑

 

ただ、面白いが故にその裏にある不穏な感じが引き立っています…。

 

第二話に潜む謎

①呼びかける声

家のラジオから、ワンダに呼びかける謎の声が流れ出します。

 

「ワンダ、誰に指示された?」

 

この声の正体は一体…?

 

②赤いヘリコプターと「S.W.O.R.D」マーク

庭に落ちてきた、白黒世界に映える赤いヘリコプター。

 

そしてそのヘリコプターにはと「S.W.O.R.D」のマークが。

 

第一話にも登場した「S.W.O.R.D」。意味深としか言いようがありません。

「S.W.O.R.D」については、事前にリークされた画像でファンには明らかになっていたことですが、ついに登場してきました。

 

「S.W.O.R.D.」ってなに?

「S.W.O.R.D.」(ソードと読みます)とは、「Sentiest World Observation and Response Department」の略です。

コミックスでは軌道上の宇宙ステーション「ザ・ピーク」に拠点を置き、地球外生命体の活動や宇宙からの脅威を観察する国際的な諜報機関として描かれている組織。

「ワンダヴィジョン」の撮影現場であるロケ地のリーク写真の背景にそのマークがあり、当時からファンをざわつかせていました。

 

さあてどういう意味なのでしょうか…。

 

③ドッティの血

催し物の話し合いのあと、ワンダとその会のリーダーであるドッティとの会話の中で、ドッティの手に赤色の血が流れます。

 

おかしなことが起こった!とワンダが話そうとしたところ、血は消え失せていました…。

 

 

ちなみに余談ですが、「ドッティ」という名前は、「エージェントカーター」で登場した女スパイの名前と一緒。

 

一瞬関連を疑ったのですが、そういや「エージェントカーター」は外伝だったと思い出しました。

 

なんでも関連させようとしたがるのは悪い癖ですね。笑

 

④ストラッカーの腕時計

途中、第一話のトースターのようにテレビCMのような形で腕時計が紹介されました。

 

が、この腕時計がこちらとしては大問題。

 

その名も「ストラッカー」の腕時計で、その中にはなんとヒドラのあのマークが。

 

 

まさかここでもう一度目にすることになるとは。。

 

今後どう関わってくるのでしょうか??

 

⑤急展開のラスト

ラストシーン、突然ワンダのお腹が膨らんで、急に妊娠します。

 

そしてそれを意識した後、ワンダがヴィジョンに「これは現実よね?」と問いかけます。

 

そして、異変が。

 

外で何やら大きな音がして、ワンダとヴィジョンは連れ立って外に出るのですが、そこで目にしたのは

マンホールから養蜂をする姿の人が出てくるというトンデモ光景。

 

そしてワンダの「no」の一言で場面が文字通り巻き戻り、ワンダのお腹が大きくなっていることに気がつくシーンに戻るのです。

 

最終的に、世界がなんとカラーの世界になります。

 

 

何事ですかこれは!

 

もう第3話が気になって仕方ありません!

 

ちなみにめでたしめでたしの雰囲気で終わる→テレビ画面の中、という下りは第一話と同じでした。

 

 

第二話は、第一話に増してその裏側が見え隠れする回となっていました。

 

ワンダとヴィジョンには幸せになってほしい一方、不穏な感じを楽しんでいる視聴者としての自分も見え隠れしました。

 

 

 

まとめ

 

今回の記事では、ディズニープラス限定配信&MCU最新作「ワンダヴィジョン」について、その概要と第1話+2話のあらすじ&感想をお届けしました!

 

新たな幕開けにふさわしく、盛りだくさんの内容でしたね…。

 

この先がもう楽しみで仕方ありません。

 

なお、今後「ワンダヴィジョン」が配信されるたびに毎回同様の記事をお届けする予定なので、ぜひこちらもお待ちいただければと思います!

 

 

「ワンダヴィジョン」の視聴はこちらから!

 

 

新たに始まったMCUの世界!!楽しんでいきましょう!

おすすめの記事